google-site-verification: googlea08a19707ff888b5.html

子どもは小学校高学年でも学校にいる時間は1年間の2割弱。東日本大震災が夜間に起きていたら、犠牲者は桁が違った可能性がある。地域の災害リスクを知らなければ、悲劇は繰り返される。

8.25神奈川大学大規模災害対策研究プロジェクト.016


© Kanagawa Earth Science Association  2019