google-site-verification: googlea08a19707ff888b5.html

神奈川地学会 Kanagawa Earth Science Association   

    〜変動する神奈川の大地を科学する〜

神奈川県は、地球上の4枚のプレートが複雑に重なる位置にあり、その地層、地形は現在進行形の地殻変動を生々しく物語っています。動く大地の真相を探究し、神奈川県における地学の進歩および普及をはかることを目指します。
                              HP: es-kanagawa.com

New!報告

神奈川地学会主催・地形地質見学会実施報告

「ジオ歩き秦野-『横野山王原遺跡』の天地返し-」

 第二東名工事にあわせ各地で発掘が行われています。秦野市戸川では宝永火山灰の「天地返し」の遺構が大規模に出現しました。本見学会では、「天地返し」の見学(前半)と戸川、堀川周辺の地形観察を主としたジオ歩きをしました。

DSC03316

天地返しの、スコリア埋設がわかる現状

DSC03329

実際の地表はメジャーのある高さで、この深さを掘り起こし、スコリアを埋めて
土壌を上部に引き出すという、復興作業を行なっていた。

◇日時:2019年6月25日(火曜)
◇参加 25名

◆コース前半(横野山王原遺跡:協力 かながわ考古学財団)

渋沢駅13:22バス乗車→「戸沢入口」下車→横野山王原遺跡の天地返し見学(秦野市戸川)

◆コース後半(秦野・戸川ジオ歩き)

DSC03400


前半の続きで、周辺を巡りました。(戸川断層、段丘面、水無川、四十八瀬川など約4 km)。

◇案内者:田口公則・西澤文勝(生命の星・地球博)


New!報告 

神奈川地学会2019年度総会・展示見学開催報告  

日時:2019年 平成31年 4月27日(土)14:00 ~ 16:00

場所:神奈川県立生命の星・地球博物館西側講義室
日程:  【総会】14:00 ~ 14:50

   ① 平成30年度事業報告
   ② 平成30年度会計報告・会計監査
   ③ 平成31年度事業計画案
   ④ 平成31年度会計案
   ⑤ 会則の改定
   ⑥ 平成31年度役員の選出  

DSC02340

令和元年に向けた、平成最後の総会。大幅に整理改訂した会則案が承認されました。

DSC02347

一寸木肇新会長を筆頭とした令和元年の役員陣

  【展示案内】15:00 ~ 16:00

    企画展(案内:笠間学芸員)
「箱根ジオパーク展~身近な火山と友だちになろう~」

DSC02371

生命の星・地球博物館 笠間友博元学芸員(現・箱根ジオミュージアム学芸員)の集大成でもある展示物に生解説で学ぶ贅沢な展示見学会。


活動報告 
 第7回 神奈川の地学広場 ➡︎詳細 チラシ)

〇日時  2019年3月21日(木祝) 
     開会12時50分  閉会16時20分
〇会場  神奈川県立生命の星・地球博物館 

《基調講演》 13:00~14:40神奈川の地学好きが集うフォーラム。一般の方の関心も高く、参加70名。

演題 「君は台風列島で生き延びることができるか? チラシ 

講師  筆保弘徳氏(横浜国立大学講演スライドを公開していただいています。

近年の台風の傾向とこれからの進化、さらに世界初の台風ハザードマップ開発など台風研究の第一線の取り組みを熱く講義。興味深く、学びの深まる基調講演でした。

《ポスター発表》15:00~16:20 16;20 閉会 (挨拶)
        17:30~ 懇親会

活動報告 2019.3.9巡検(箱根地質見学会)   ➡︎詳細チラシ

ジオ歩き 箱根湯本〜石材・湯本白石を訪ねて

   2019年3月9日(土曜) 10:00~16:00   参加27名

箱根十七湯の中で最も古い歴史を持ち、最大の温泉場 でもある箱根湯本の大地の成り立ちと地産地消の知られざる石材や関連する自然・文化遺 産を、県立生命の星・地球博物館と県立歴史博物館の学芸員の解説で巡るツアーでした。
 
箱根湯本には、基盤岩の一つを成す、「湯本白石」早川凝灰角礫岩が旅館などの
壁などに使われています。謎の多い、白い凝灰岩の分布や利用の歴史を探訪しました。


活動報告 2018.10.20
伊豆半島ユネスコ・ジオパーク 城ヶ崎〜大室山
 地学巡検レポート
チラシ(表裏2ページ)ダウンロード

P1080496.JPG


2018年度活動報告へ

© Kanagawa Earth Science Association  2019