google-site-verification: googlea08a19707ff888b5.html

神奈川地学会 Kanagawa Earth Science Association   

    〜変動する神奈川の大地を科学する〜

神奈川県は、地球上の4枚のプレートが複雑に重なる位置にあり、その地層、地形は現在進行形の地殻変動を生々しく物語っています。動く大地の真相を探究し、神奈川県における地学の進歩および普及をはかることを目指します。
                              HP: es-kanagawa.com

New!  箱根火山防災シンポジウム  👉チラシダウンロード

 箱根火山の活動と防災を考える

 ~現状とこれからの箱根ジオパーク~

 主催:神奈川地学会・箱根ジオパーク推進協議会

  湘南海岸から見た箱根カルデラ(左〜中央)と富士山(右)

🌋 趣旨
 2019年8月現在、箱根火山は噴火警戒レベル2が続いている状況です。箱根火山は神奈川県西部に位置する身近な火山であり、過去の活動は、ジオサイトだけでなく関東の地層の中にも様々な痕跡を残しています。一方、箱根火山のことを多くの人々に知ってもらおうと事業を展開している箱根ジオパークの活動も「日本ジオパーク」認定以来7年目を迎えています。
 そこで、箱根火山の恵みだけでなく、これからも噴火のタイプや規模によっては、災害を及ぼす可能性があることについても学び、今後の生活に役立てていきたいと考えます。
 火山活動観測の最前線、箱根ジオパークでの社会教育活動、学校教育や社会教育での地学・防災普及活動の報告から、よりよい防災意識と積極的な活動参加を促すジオパーク活動をめざし、本シンポジウムを開催します。

⛰ 日時 2019年9月7日(土) 13:30~16:30
                  (受付13:00〜)

⛰ 場所    神奈川県立生命の星・地球博物館 1階 講義室

⛰  入場無料  事前申し込みは不要 
       問い合わせ先「神奈川地学会HP」コンタクト・フォームから

🗻 対象 どなたでも
(ジオガイド、ジオパーク関係者、教員、行政、一般の皆様、歓迎します)

⛰ シンポジスト 

・瀧沢倫明(ともあき)(神奈川県温泉地学研究所 火山対策調整官)

「箱根山の活動状況」

 ・笠間友博(箱根町立箱根ジオミュージアム 学術研究担当)

「ジオパーク活動の現場から箱根火山を伝える」

 ・鷲山龍太郎(防災士・元横浜市立小学校長)

「身近な火山を学ぶ理科教育と防災教育を学校や地域で推進する」

 箱根は親しまれている一方で、その地形や噴火の歴史、防災対策についての教育普及は課題である。

☝️👉チラシダウンロード

New!2019年度神奈川地学会巡検  👉チラシダウンロード

「富士山宝永火口巡検」のご案内

フィリピン海プレートの活動が南関東に形成した特異な絶景を訪ねて、ジオ鉄・御殿場線と貸し切り伊豆バス、徒歩で宝永火口に行くジオ旅です。

1 日時 2019年10月6日(日)8:00~15:00 小雨決行

2 集合・受付 JR御殿場線御殿場駅改札付近8:00

3 見学地・宝永火口

伊豆ジオ中型バス貸し切りで御殿場駅8:15→富士宮口5合目9:45→徒歩で宝永火口巡検→5合目下山13:30→御殿場駅15:00

※実徒歩行程時間は60分ですが高度2,500m地点での巡検なのでゆっくり歩きます。見学休憩も入れて4時間をとってあります。

※参考ダイヤ:
往:御殿場線国府津駅7:07→松田駅7:23→御殿場駅7:57(670円)
復:御殿場駅15:14→松田駅16:00頃→国府津駅16:15)
※御殿場線は、Suicaや Pasmoは使えませんので、切符を使ってご乗車ください。

4 案内 門田真人氏(元神奈川地学会会長)、西澤文勝氏(生命の星・地球博物館学芸員)

5 参加費 5,000円 貸し切りバス代、保険代、その他  ※当日、受付時に集金※自宅⇔JR御殿場駅の往復運賃は各自負担 

6 服装・持ち物 

【服 装】野外での服装、軽登山靴が最適。
【持ち物】高所なので防寒具(帽子、手袋は必携)、雨具(上下セパレート型)、
あたたかな飲み物、弁当、おやつ、カメラ、筆記用具、必要な方はストック

7 申し込み 

8月7日(水)より、先着27名。会員以外でも参加できます。

申込先 一寸木肇 ㍶メール 

※申し込み時に参加者氏名、住所、生年月日、連絡先をお知らせください。
※詳しくはホームページes-kanagawa.com 「神奈川地学会」
※小雨、曇り時は代替コースとして、白糸の滝、静岡県富士山世界遺産センター、

駒門風穴の見学を予定しています。

スクリーンショット 2019-08-07 12.52.40

☝️👉チラシダウンロード

New!報告

神奈川地学会主催・地形地質見学会実施報告 

「ジオ歩き秦野-『横野山王原遺跡』の天地返し-」

◇日時:2019年6月25日(火曜)
◇案内者:田口公則・西澤文勝(生命の星・地球博)
◇参加 25名

 第二東名工事にあわせ各地で発掘が行われています。秦野市戸川では宝永火山灰の「天地返し」の遺構が大規模に出現しました。本見学会では、「天地返し」の見学(前半)と戸川、堀川周辺の地形観察を主としたジオ歩きをしました。
 富士噴火災害の甚大さ、その中で農業を持続しようとした人々の復興努力を実感できる巡検でした。  
👉詳細レポートと写真

DSC03353

天地返しの、スコリア埋設がわかる現状

表土を削った状態 この地点で45cm堆積したとされる、1707年富士宝永噴火スコリアを埋めて、土壌を掘り起こして畑作をした。たいへんな人力作業であったことがわかる。👉詳細レポートと写真

New!報告 

神奈川地学会2019年度総会・展示見学開催報告  

日時:2019年 平成31年 4月27日(土)14:00 ~ 16:00

場所:神奈川県立生命の星・地球博物館西側講義室
日程:  【総会】14:00 ~ 14:50

   ① 平成30年度事業報告
   ② 平成30年度会計報告・会計監査
   ③ 平成31年度事業計画案
   ④ 平成31年度会計案
   ⑤ 会則の改定
   ⑥ 平成31年度役員の選出  

DSC02347

一寸木肇新会長を筆頭とした令和元年の役員陣

  【展示案内】15:00 ~ 16:00

    企画展(案内:笠間学芸員)
「箱根ジオパーク展~身近な火山と友だちになろう~」

DSC02371

生命の星・地球博物館 笠間友博元学芸員(現・箱根ジオミュージアム学芸員)の集大成でもある展示物に生解説で学ぶ贅沢な展示見学会。


活動報告 
 第7回 神奈川の地学広場 ➡︎詳細 チラシ)

〇日時  2019年3月21日(木祝) 
     開会12時50分  閉会16時20分
〇会場  神奈川県立生命の星・地球博物館 

《基調講演》 13:00~14:40神奈川の地学好きが集うフォーラム。一般の方の関心も高く、参加70名。

演題 「君は台風列島で生き延びることができるか? チラシ 

講師  筆保弘徳氏(横浜国立大学講演スライドを公開していただいています。

近年の台風の傾向とこれからの進化、さらに世界初の台風ハザードマップ開発など台風研究の第一線の取り組みを熱く講義。興味深く、学びの深まる基調講演でした。

《ポスター発表》15:00~16:20 16;20 閉会 (挨拶)
        17:30~ 懇親会

活動報告 2019.3.9巡検(箱根地質見学会)   ➡︎詳細チラシ

ジオ歩き 箱根湯本〜石材・湯本白石を訪ねて

   2019年3月9日(土曜) 10:00~16:00   参加27名

箱根十七湯の中で最も古い歴史を持ち、最大の温泉場 でもある箱根湯本の大地の成り立ちと地産地消の知られざる石材や関連する自然・文化遺 産を、県立生命の星・地球博物館と県立歴史博物館の学芸員の解説で巡るツアーでした。
 
箱根湯本には、基盤岩の一つを成す、「湯本白石」早川凝灰角礫岩が旅館などの
壁などに使われています。謎の多い、白い凝灰岩の分布や利用の歴史を探訪しました。


活動報告 2018.10.20
伊豆半島ユネスコ・ジオパーク 城ヶ崎〜大室山
 地学巡検レポート
チラシ(表裏2ページ)ダウンロード

P1080496.JPG


2018年度活動報

© Kanagawa Earth Science Association  2019