google-site-verification: googlea08a19707ff888b5.html

「神奈川地学」投稿の手引き

                             2019年11月27日改訂

  神奈川地学会の会誌「神奈川地学」の原稿は随時募集しています。地学に関する論説、総説といった学術性の高い内容のものだけでなく、実践報告、旅行記や参加記、おすすめの本紹介などの投稿も大歓迎です。

○投稿について

1.投稿資格

・神奈川地学会の会員は、「神奈川地学」に投稿することができます。非会員との共著もできます。本会や編集委員会から会員または非会員に投稿の依頼することがあります。

2.投稿原稿の種類

・表紙写真およびその解説
・調査報告、露頭などの観察記録
・教材研究や教材紹介
・講座などの実践報告
・紀行文
・参加記
・本の紹介
・その他、エッセイなど地学に関する記事

3.投稿の留意点

・原稿の内容は、原則、地学に関するもの、本会に関するものとします。 

・図表類に使用許可が必要なものについては、投稿者の責任で許可を得るようにしてください。

・二重投稿は禁止します。投稿原稿は著者のオリジナル原稿で、他誌等に未発表のものに限ります。 

・原稿についての問い合わせ、苦情、紛争等が発生した場合は、投稿者が責任を負うこととします。 

・原稿の1ページ目に、原稿の種類(論説、調査報告、観察記録、教材研究、実践報告、紀行、参加報告、本の紹介などの区別)、タイトル、著者名、所属(元○○という明記も可)を書いてください。論説、総説、調査報告には、できるだけ英文タイトルとローマ字つづりの著者名を入れてください。

 ・句読点は、「、」と「。」を用いて、英数字は半角とします。
・図、表の挿入場所の指定があるばあい、朱筆等にて指示を入れてください。 

・文献については本文末尾に一括してください。引用文献の書き方などは慣用に準じます。例えば、つぎを参考にしてください。 

 (例)
江藤哲人・矢崎清貫・卜部厚志・磯部一洋,1998. 横須賀地域の地質.地域地質研究報告(5 万分の 1 地質図幅).地質 調査所,128pp.
川手新一・平田大二,2013. 自然災害からいのちを守る科学.岩波書店,238pp.
野田啓司・奥村 清,2002. 相模川沿岸に分布する中津層群塩田層のテフラとそのフィッション・トラック年代.第四紀研究,41(2):131-139.
  鈴木 進,2018. 鎌倉市山之内建長寺周辺の地層と放散虫年代.神奈川地学,(82):33-36.

・原稿の送付先

 〒250-0031 小田原市入生田 499
神奈川県立生命の星・地球博物館 田口着付「神奈川地学編集委員会」

 tagu[at]nh.kanagawa-museum.jp    [at]を@に変えてください。

原稿提出は、編集委員会宛に郵送等もしくは、メール等での送付にてお願いします。

© Kanagawa Earth Science Association  2019